本文へ移動

古紙の回収について

古紙の回収について

古紙としてリサイクル出来る物と出来ない物があります。

古紙を使う製紙工場では、異物が多く混ざると製造段階でトラブルが発生してしまいます。
紙をうまくリサイクルさせるためには、排出の段階でこれら異物を混ぜないことが必要です。古紙は、用途ごとに分別されていると再生しやすくなりますので、段ボール、新聞、雑誌、雑古紙、裁断紙、情報用紙の種類ごとに分別するようにお願いいたします。

紙の種類や分別方法はこちらへお問い合わせ下さい。→「お問い合わせ」又は→

準備が出来ましたらご連絡下さい。

日程を決定し回収に伺います。
※古紙の量・種類・弊社からの距離、時間により料金は異なります。
お見積もりさせていただきますのでどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

【回収料金の目安】はこちらへお問い合わせ下さい。→お問い合わせ」又は→
浦和工場
加須工場
古河工場
酒田工場
株式会社岡部商店
〒336-0033
埼玉県さいたま市南区曲本1-18-17
TEL.048-864-1634
FAX.048-864-1859

[営業品目]
1.製紙原料の回収販売
2.廃プラスチックリサイクル
3.産業廃棄物収集運搬
4.産業廃棄物中間処理/圧縮梱包/
 破砕/選別
5.紙製品 輸出販売

[各施設の情報はこちら]